医薬品のネット販売が解禁

ネット販売で購入するには?

ネット販売での購入の仕方とは?

ネット販売で薬を購入するためには手順があります。
それは、薬剤師と購入者がメールのやり取りをしてから薬が購入できるようになります。
薬剤師は購入者に対して性別や年齢、薬の使用状況、症状、などの確認を行う必要があります。
購入者は注文する際に、メールで性別や年齢、症状、必要な情報を送ります。
薬剤師は使用者の状態などに合わせた情報提供をメールを通して連絡します。
薬剤師が購入者に合わせた医薬品の情報を連絡するので、その情報を確認しましょう。
そこで疑問や不安に思ったことを相談することができるので、困ったことがあれば積極的に聞きましょう。
その後、購入者が連絡のあった医薬品の情報を理解したかを確認されます。
購入者は医薬品について理解ができ、質問や相談がなければ問題のないことを薬剤師に伝えましょう。
最終的に購入者の理解確認ができた場合のみ商品を販売します。
このような流れで、医薬品を購入することができます。

症状は正確に伝えよう

乱用のおそれのある風邪薬や咳止め薬は、適正な使用のために購入する必要があるかを確認してから販売をします。
上記に挙げた薬は販売数量が制限されていて、必要と認められる量を超える場合は購入理由が確認されます。
購入が制限されないように、購入する際には薬剤師に自分の症状について正しく伝えるようにしましょう。
服用している薬がある状態なことや、持病があること、妊娠しているか否かなどを詳細に連絡しましょう。
ネット販売でも店頭と同じく薬剤師や登録販売者が情報提供を行ったり、相談に応じることが義務付けられています。
自分で判断しきれないことは薬剤師に相談することが大切です。
ネット販売について理解を深めて、ネット販売によるメリットを生かせるようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る