医薬品のネット販売が解禁

薬について理解を深めよう

怪しいサイトに気を付けよう

ネットで医薬品を販売するためには守らなければいけないルールがあります。
インターネット上では販売許可を得ていない違法なサイトや、安全性が確認されていない医薬品や偽造医薬品を販売しているサイトもあります。
このようなサイトで医薬品を購入してしまうと健康被害や、消費者トラブルにつながってしまいます。
違法なサイトで安全性の確認されていない医薬品や偽造医薬品を購入しないために、自分が必要とする医薬品について理解をしておく必要があります。
違法なサイトを見かけた時は利用しないことは勿論のこと、厚生労働省が設置するあやしいヤクブツ連絡ネットや、都道府県、保健所設置市または特別区の薬務主管課などに連絡をしましょう。

副作用には注意!

医薬品のネット販売には、薬の説明を受ける機会がありません。
薬の副作用について気になる方も多いと思います。
ネット販売をするサイトの中には、薬の副作用について十分な説明をせずに販売をしている所もあります。
医薬品の承認や安全対策などの情報は、独立行政法人「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」が公開しています。
薬の使用上の注意や副作用が書かれた文章を読むことができるので、自分が使用する薬について知っておきましょう。
副作用のリスクが高い薬には、薬剤師が販売業者に対して副作用の詳細や飲み合わせについて情報提供をしたり、薬の使用者からの相談に対応できるようにしておくことが義務付けられています。
初めて使用する薬で飲み合わせに不安がある場合には、薬剤師に相談をして薬について情報提供をしてもらうようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る