医薬品のネット販売が解禁

ネット販売で何が変わる?

ネット販売のみはNG?

実は、ネットのみの店舗では販売はできません。
ネットで医薬品を販売するためには、実店舗販売の許可を受けている実店舗が必要となっています。
その実店舗でもルールが設けられています。
そのルールを挙げてみます。
実店舗の営業時間に条件があります。
それは週30時間以上営業をしていることが必要です。
実店舗では薬剤師、登録販売者が常に駐在していなくてはなりません。
さらにインターネットでの相談を受け付ける必要があります。
しかし、インターネットだけではなく対面や電話での相談ができるシステムも必須となります。
ネット販売する医薬品は、その医薬品が実店舗に保管してあり、さらに実店舗で発売している商品でなくてはなりません。
数々のルールがありますが、販売の為に責任者がしっかり管理していなければ販売できないようになっています。

ネット店舗でのルールは?

実店舗のルールをクリアした上で、ネット店舗のルールを守る必要があります。
ネット店舗でのルールも挙げますので、確認してみましょう。
実店舗のルールと同じく、インターネットの他に対面や電話での相談体制の設備が必須となります。
店舗の名称は厚生労働省のHPに掲載しなくてはいけません。
購入者が情報提供された内容を理解したことの確認をしなくてはなりません。
販売記録の作成、保存が必要となります。
購入者による医薬品の口コミやレビューが禁止されています。
医薬品をオークション形式で発売することはできません。
医薬品をネット販売するためにはたくさんのルールがあります。
ルールを守っている販売サイトか確認してから医薬品を購入するようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る