ビジネスチャンス拡大?医薬品のネット販売解禁による影響

医薬品のネット販売が解禁

ネット販売にはルールがある?

法改正が行われ、ネットでも医薬品が買えたり売ったりできるようになりました。
医薬品のネット販売は、セルフメディケーションの推進やインターネットの普及で時代に合わせた法改正でもあります。
メリット、デメリットとありますがどう言ったものがあるのでしょうか。
ネット販売のメリットは、時間や場所を選ばずに購入することができます。
薬局やドラッグストアの営業時間に行けない場合や近所に店舗がなく買いに行けない人でも、ネット販売なら薬を購入することができるようになります。
店舗で買うにあたり恥ずかしいと感じる商品も、ネット販売なら人目を気にせず購入することができます。
ネット販売では、店舗と比較して値段を比べることができ安い医薬品を選ぶこともできるようになります。
上記に挙げたとおり、ネット販売では利便性に優れています。
メリットについてまとめたので、この後はデメリットについて紹介します。
ネット販売をするためには決められたルールがあり、守らないサイトは違法である可能性が高くなります。
そのような販売サイトでは安全性が確立されていない医薬品や、偽物の医薬品が取り扱われているかもしれません。
買う側も医薬品をネットで販売するためのルールを知らなければ、違法な医薬品を購入してしまうことになってしまいます。
違法な医薬品を買わないためにも、自らがルールを知る必要があります。 
いい点・悪い点をそれぞれ正しく理解してネット販売を利用しましょう。

TOPへ戻る